サンタ・エウラリア祭@2月10~12日

Pocket

2017-santa-eulalia-poster今週末はサンタ・エウラリア祭が開催。
13歳で殉教したバルセロナの準守護聖人エウラリア(カタラン語では「ライア」)のお祭りです。幼い聖女に因んで子供向けの催しが沢山用意されていますが、大人だって楽しみたい!祭りの主なイベントをピックアップしてご紹介します。eulalia gigante

【聖エウラリア祭2017主なイベント】
2月10日(金)
鷲のパレード&ダンス
*鷲の他に、ライオンやヒガンテス(巨大人形)なども伴い練り歩きます。
20:15 パレード開始
@ pl Sant Jaume⇒ c/Jaume I⇒ pl l’Àngel⇒ c/l’Argenteria⇒ c/Sombrerers⇒ placeta de Montcada⇒ passeig del Born⇒ c/Santa Maria⇒ Fossar de les Moreres ⇒ pl Santa Maria.
20:50 最終地点到着@la basílica de Santa Maria del Mar
21:00  鷲のダンス@Santa Maria del Marsan roque-2016-6

カテドラルで音楽とダンス奉納
21:00@Catedral

11日(土)
子供向けコレフォック(炎のパレード)
18:15@pl de Sant Jaume⇒ c/Ferran⇒ la Rambla (上り)⇒ passatge de
Colom⇒ pl Reial (19時頃到着)

コレフォック(炎のパレード)
20:00@pl Nova⇒ c/Bisbe⇒ c/Sant Sever⇒ c/Sant Honorat⇒ pl Sant Jaume (20.30時頃到着)merce-2015-2-5

カテドラルで音楽とダンス奉納
22:00@Catedral

12日(日)
ヒガンテス聖エウラリアのパレード&ダンス
09:00 パレード
@Palau de la Virreina⇒ la Rambla (中心部)⇒ c/Ferran⇒ pl Sant Jaume.
09:45 市庁舎バルコニーに旗掲揚、聖女エウラリアがダンス披露。
10:00 パレード
@ pl Sant Jaume⇒ c/Ferran⇒ pl Reial.santa-eulalia-2016-pasacalle

人間ピラミッド(ファルコン)
*人間の塔とは似て非なる伝統芸、必見です。
10:00 パレード@pl Nova⇒c/Bisbe⇒pl Sant Jaume
10:30 パフォーマンス@pl Sant Jaumefalcons-4

ヒガンテスと動物達のパレード
10:30@ pl Reial⇒ passatge de Colom⇒ la Rambla⇒ c/ Portaferrissa⇒ pl Cucurulla⇒ c/ Boters⇒ pl Nova⇒ c/ Bisbe⇒ c/ Sant Sever⇒ baixada de Santa Eulàlia⇒ c/ Banys Nous⇒ c/ Ferran⇒ pl Sant Jaume .
ヒガンテス達がダンスも披露します。santa-eulalia-2016-plaza-4人間の塔
*祭り名物、バルコニーよじ登り!今年も見られるでしょうか?
11:00 @pl Sant Jaumesanta-eulalia-2016-castells-10ヒガンテスのさよならパレード
18:30 集合@ plaça de Sant Josep Oriol
19:00 パレード@c/Pi, pl Cucurulla, c/Boters, pl Nova, c/Bisbe, c/ Sant Sever, baixada de Santa Eulàlia, c/Banys Nous, c/Ferran, pl Sant Jaume (19.45)

以上、独断と偏見でピックアップしてみました。
サンタ・エウラリア祭の詳細はコチラ⇒Festes de Santa Eulalia

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>