モナ・デ・パスクア☆復活祭の後のチョコレート

mona-2016-7移動祝日の復活祭(今年は3月27日)間近となり、
バルセロナのお菓子屋さんのショーウインドーには、
モナ・デ・パスクアと呼ばれるチョコレートやケーキが並んでいます。mona-2016-8カタルーニャでは、復活祭翌日の月曜日がモナ・デ・パスクアという祝日、
そして、同名のケーキやチョコレートを頂くのが伝統です。mona-2016-9【モナの伝統】
復活祭のミサの後に、パドリーノ(洗礼式に証人として立ち会った代父)が
被後見人のチビッ子に、モナ(ブリオッシュのようなお菓子)をプレゼントし、
翌日のお昼には家族みんなでハイキングに出かけて、頂いたモナを食べた
・・・という伝統から、
復活祭明けの月曜日には家族揃ってご馳走とお菓子を頂く習慣があります。mona-huevomona-2016-10
元々は殻を着色した卵でデコレーションした菓子パン風、
それが、普通のデコレーションケーキになり、
最近は、アニメキャラやスポーツをモチーフにした
チョコレート細工が人気です。mona-2016-12【モナの人気店】
バルセロナの有名店で「モナ」を買いたいという方には・・mona-2016-2mona-2016-3mona-2016-4
チョコレートもケーキも美味しそうな、LA PASTISSERIAや、
mona-2016-1mona-2016-6mona-2016-5
スターウォーズが目玉商品?な、Escribà

他にもOriol Balaguerなど お勧めです。

個人的にはケーキとイースター・エッグ(チョコ)を買って
お好みでデコレーションするのも好きなのですが・・・。mona-2016-11モナ・デ・パスクア当日のお菓子屋は混み合いますので、お早目にお求め下さい。
チョコレート博物館でチョコレートアートを見るという手もありますよ。

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


サグラダ・ファミリアでカルソタダ@3月5日

valls 2015-fiesta-6サグラダ・ファミリア前でカタルーニャ名物の冬ネギ、カルソッツを
焼いて食べるフィエスタ、「カルソタダ」が開催されます。
大食事会の前には人間の塔パフォーマンスもご覧になれますよ。sagrada casteller-3-p【イベント情報】
3月5日(土)の昼間、Pl. de la Sagrada Familiaにて開催。
11:00- 人間の塔、ステッキのダンス
14:30- カルソタダ(飲み物やデザートも付く定食)
食事の当日券は13ユーロ、前売券は10ユーロ
*前売券はLA CRUÏLLA(住所C/Sardenya 256-260)で販売。calçotada-sagrada familia-2016【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


慎ましくも美味しい四旬節のお菓子

bunyols caja復活祭前の四旬節(クアレスマ)はイエス・キリスト受難の時ですが、
スペイン各地方に四旬節~セマナ・サンタの伝統菓子というのがある。

バルセロナを始めとするカタルーニャ地方で有名なのは
「ブニュエロス」こと ミニドーナツ。bunuelos variadosふわりとしたプレーンと各種クリーム入りドーナツがあり人気なのだが、
店によっては水曜日と金曜日だけ販売している。

なぜかというと、灰の水曜日(四旬節の初日)と
聖金曜日(復活祭の2日前)には断食の伝統があったそうで、
その時の空腹を我慢するために食べていた小さなお菓子だったから。PENTAX Image他の地方でも、四旬節~セマナ・サンタの伝統菓子といえば
小麦粉、卵、植物油、ハチミツなどが使われた腹持ちの良い物が多い。

全国的に特に有名なお菓子を挙げると、「トリッハ」こと西版フレンチトーストだろうか。
日本で馴染みのあるフレンチトーストとの違いは、
バターではなくオリーブオイルを引いて焼く事(一般的なレシピ)。

他にも、薄いかりんとうのように小麦粉を捏ねて揚げて
ハチミツをかけた「ペスティーニョ」や
牛乳で米を甘く煮た「アロス・コン・レチェ」(日本人にはやや不評)
などが定番のようだ。

カフェテリアで運よくクアレスマのお菓子に出会ったら、
コーヒーやチョコラテと共に頂いて小腹を満たしましょう♪PENTAX Image【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link