巨大人形・大頭人形@サンタ・マドロナ祭

santa madrona-20153月28日、ラバル地区で
巨大人形や大頭人形のパレードが見られます。

Sponsored Link



【サンタ・マドロナ祭】
バルセロナ第3の守護聖人である聖女マドロナを祝って
巨大人形・大頭人形のパレードがあります。

バルセロナの2大守護聖人である
聖母メルセ、聖女エウラリアは有名で、
どちらの祭りも1週間ほどかけてじっくり祝いますが、
もう一人の守護聖人、マドロナの名は
市民にもあまり知られておらず、
祭りは今年でやっと4回目です。

開催時間の短いフィエスタですが、
街の観光中に寄り道しやすい場所ではあります。

【時間と場所】
【時】
3月28日(土曜日)16:00(パレードは16:45開始)~18:30

【場所】
Plaza Josep M. Folch I Torres(発着地)
 ⇒Lealtad⇒ Santa Paciano⇒ San Rafael⇒ d’En Robador⇒ Hospital⇒ Plaza San Agustín⇒ Hospital⇒ San Antonio Abad⇒ Botella⇒ Carretes y Lealtad
⇒ Plaza Josep M. Folch i Torres

*パレード発着地のメトロ最寄駅はParal·lel(L2/L3)またはSant Antoni(L2)

聖週間目前「枝の市」@3月25~28日

ramo-5

もうじき、セマナサンタ(イースター週間)です。
セマナサンタ初日の「枝の主日」に先立ち、
サグラダファミリア周辺とランブラ・カタルーニャで
『枝の市』が開催されます。

Sponsored Link




【枝の主日とは】
復活祭の1週間前の日曜日、
エルサレムに到着したイエス・キリストを歓迎した民衆が
ヤシの枝を携えていた事に因んで、
「枝の主日のミサ」には枝を持って行く習慣があります。
子供達が枝を得意げに持ち、
家族揃ってミサに出かける光景も見られる日です。

【枝の市】
露店に並ぶ「枝」は、手のひらに収まる小さな物から
大人の背丈以上の大きな物、美しい細工の施された物など様々。
カラフルな枝もありますが、
ナチュラル色の枝の方が上質らしく、お値段も高めです。ramo-8ミサに行かない方には不要な代物ではありますが、
これもまたセマナサンタの風物詩。
観光や散歩のついでに覗いてみてはいかがでしょう。

【日程と場所】
『枝の市』は25日(水)~28日(土)、
以下の2箇所で開催です↓↓
①サグラダファミリア周辺(9時半~20時)
②ランブラ・カタルーニャ(8時~20時)

*今年の枝の主日は3月29日(日)です。
セマナサンタの日程と流れは⇒コチラ

人間の塔イベント@3月22日

PENTAX Imageゴシック地区のPlaça Sant Josep Oriol
(標準スペイン語ではPlaza San José Oriol)にて
3月22日、人間の塔のイベントがあります。

Sponsored Link




【サンホセオリオール祭】
3月23日の聖人ホセ・オリオールの日に因んで、
同名の広場では、毎年この日に一番近い週末に祭があり、
その目玉イベント『人間の塔』が
今年は3月22日に開催となります。

【主なイベント】
フィエスタは20日から始まっていますが、
必見イベントは22日(日曜日)に集中しています。

人間の塔イベント(13:30~)の前には、
巨大人形のパレード(11:45~)も見られるので、
今週末バルセロナで時間を持て余している方、
行ってみてはいかがでしょう?gigantes-pi但し、週末の天気予報はパッとしないようですが・・。
サンホセオリオール祭の詳細は⇒コチラ
最寄りのメトロ駅はLiceu(L3)。