スカートを翻す男の竹馬ダンス☆ラ・リオハ

zancos-6ラ・リオハで出会った驚異と感動のイベント。
竹馬にスカート姿の青年が、クルクル回りながら急斜面を駆け下りる
伝統のダンス「サンコス(zancos)」である。 

【サンコス=竹馬踊り】
ラ・リオハの州都ログローニョから南西へ約40km、
アンギアーノという人口500程の村で年に2度披露される伝統行事が
Danza de los Zancos=竹馬の踊り。(zanco=竹馬・高足)zancos-8かつて、スペインの5ペセタ旧硬貨デザインに使われた事もある地方伝統行事で、
1603年の文献にも記されている(歴史はもっと古い筈)。zanco-peseta-1普通に歩くだけでも難しい高さ50cmの竹馬を装着して、
村の教会から広場へ続く急斜面を転げるように、
しかも回転しながら駆け下りる男衆8名。zancos-2さぁ、行きますよ、道を開けて下さい・・・zancos-7真ん中の後ろ向きの人が今から踊って駆け下りる。
他のメンバーは後方に控える楽団と共に、カスタネットで盛り立てる。zancos-1時折、転倒する場面もありましたが、
観衆の声援を受けてリベンジする爽やかで潔いスポーツマンシップ(?)に感動、
心から声援を送っている自分がいました(気がついたら頭上で拍手していた・・汗)zancos-3最初はスカートと色鮮やかなコスチュームに度肝を抜かれたものの、
最後にはスカートの裾を翻すその姿さえ男らしく感じてしまうから不思議。zancos-4世界には、いや、スペイン国内にも、
まだ見た事のない面白いイベントが沢山ありそうですね・・・
世界は広い、そして、イベントは熱い!zancos-5【イベント情報まとめ】
サンコス(竹馬ダンス)は
ラ・リオハ州のアンギアーノで年に2度お披露目される。
【日程】
7月21日(20:00)22・23日(14:00/20:00)
9月最終の土・日曜日(14:00/19:00)
zancos-9zancos-10アンギアーノのウェブサイトはコチラ⇒Anguiano

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


バルバネラ修道院ホテル☆ラ・リオハ

valvanera-8ラ・リオハの旅では、修道院ホテルにも1泊しました。
州都ログローニョから40km程の村Anguianoのはずれ、
人里離れた山の中にある美しいバルバネラ修道院です。valvanera-16【バルバネラ修道院】
10~14世紀に建設されたバルバネラ修道院。
名前の「バルバネラ」は、「水脈の谷」という意味らしい。valvanera-14村の中心地からでも車が無いとどうかと思う山道ですが、
巡礼地として有名で、州都ログローニョから60km以上の道のりを
夜通し歩くイベント(4月最後の土曜日)もあるそうです。valvanera-6【修道院ホテル】
室内は至ってシンプルですが、
valvanera-5valvanera-4
窓からの眺めは絶景。valvanera-15敷地内を散策したり、教会を見学したり・・
valvanera-12valvanera-13
騒音ゼロの静寂と星空に包まれて
熟睡した朝は、ミサもあります。(クリスチャンの方はどうぞ)valvanera-1ホテル宿泊は朝食込みで、
希望すれば昼食、夕食を食べる事も出来ます。
宿泊客でなくても、昼食はOKのようでした。
valvanera-2valvanera-3
おうちで頂くようなシンプルなお食事ですが、
ホテル内でのんびり寛ぎたい時には良いですね。
また、修道院で作っているリキュールなども販売していました。valvanera-9valvanera-10
【情報まとめ】
美しい景色に澄み切った空気と静寂、
都会の喧騒を忘れるにはピッタリの場所。
ホテルを管理しているのも神父様で、中々貴重なホテル体験でした。valvanera-11宿泊料金は2人で一泊60ユーロ(朝食込み)。
宿泊予約は電話の方が確実です。(ウェブページの予約には不備があるようでした)
時間の無い方は、宿泊無しで見学だけするのも可能ですよ。valvanera-7ウェブサイトはコチラ⇒Monasterio de Valvanera

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


リオハワインとピンチョス!ログローニョでバル巡り

rioja-pincho-19リオハといえば何と言ってもワインですが、
リオハ旅行のお楽しみはワインだけではありません。

州都ログローニョに行くなら、絶対に外せないのが「バル巡り」なのです。

特に有名なのがローレル通り、それに接するローレル横丁(travesía)、
そしてサン・フアン通りにも、名物バルがズラリと並び、
豊富な種類のピンチョスとタパスがアナタを誘います。

まずは『ローレル通り』のバルを回りましょう。rioja-pincho-9一口チョコのフェレロ・ロシェに似せたピンチョスもよく見ました。
ほうれん草バージョン(右)。左は塩鱈のピンチョです。rioja-pincho-6こちらは、豚の血ソーセージが具のフェレロ・ロシェ。rioja-pincho-15芸術ですね。

小エビのトルティーヤ、美味でした。rioja-pincho-10このフォアグラのピンチョに上等なリオハのグラスワインを頂いても5ユーロ前後。rioja-pincho-16控え目なお値段ながら満足のピンチョス。rioja-pincho-7ワインにも合うフォアグラは食べまくりでした。rioja-pincho-8ここで、『Travesía(横丁)』へ移動しましょう。

マッシュルームの鉄板焼きとワインは2人分でも、5ユーロでお釣りが来ます。rioja-pincho-1こちらも安くて絶品だった、ヒラタケの鉄板焼き。rioja-pincho-2以上の2つのバルのツマミは、
名物のキノコピンチョ1種類のみのようでしたが大人気。

ガリシア風バルにも入りましたが、これまたアタリ♪盃の中身は白ワイン。rioja-pincho-17最後に『サン・フアン通り』へ移動しましょう。

こちらはカンガルーの肉、rioja-pincho-13鱈の下顎の部分(ココチャ)を野菜で包んだ物。rioja-pincho-14近年スペインでも知名度急上昇の和牛(Wagyu)のミニ・ハンバーグ、rioja-pincho-11同バルの、絶品イカフライサンド。個人的にはこっちの方が好み。rioja-pincho-12他のバルで頂いた和牛の胃袋煮込み。rioja-pincho-20イチジクとフォアグラのキャラメリゼ。rioja-pincho-4野菜とホタテ貝の天ぷら。rioja-pincho-18普通のハモン・サンドも手抜きない美味しさです。rioja-pincho-5ふと入ったバルで、やけに旨くて印象に残ったラコンとタコのピンチョ。rioja-pincho-3ここにご紹介したのは食べた物のほんの一部、
ログローニョには4泊しましたが、滞在中は毎晩バル巡りをしていました。

お勧めのバルは○○と○○・・なんて野暮な事は申しません。
入口のお品書きや写真で気になるバルがあったら、気軽に入ってみましょう。
お客で溢れているバルなら味もサービスも間違い無し。
迷った時は、カマレロさんに「お勧め」を聞くのも手です。
私はワインをお任せでお願いしていました。rioja-pincho-21 ローレル通りのウェブサイトはコチラ⇒calle laurel

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link