踊る卵@聖体祭を見てきた(2)

2017-corpus-13バルセロナの聖体祭名物「踊る卵」の様子@2017の第二弾です。

第一弾は⇒コチラ

Ateneu Barcelonés2017-corpus-14暑い時間帯でしたが、水の周りは涼しげです。

続いて、Iglesia de Santa Anna2017-corpus-15古い井戸のような、雰囲気のある踊る卵がパティオに展示されていました。2017-corpus-16Museu Monastir de Pedralbes2017-corpus-18美しいペドラルベス修道院に映える踊る卵。上から見てもキレイです。2017-corpus-17聖体祭の「踊る卵」、次回へ続きます。
2017-ou-1踊る卵が見られるのはバルセロナの今週末だけ。
日時・場所はコチラでチェック↓
卵が浮いて踊るだと?聖体祭の踊る卵@6月15~18日

【ランキングに参加しています】
  にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


踊る卵@聖体祭を見てきた(1)

2017-corpus-16月15日は移動祝日の聖体祭でしたが、バルセロナの聖体祭名物といえば宙に浮かんで踊る卵です。

今年も駆け足で見て来た「踊る卵」の画像をご紹介します。

まずは、Palau del Lloctinent2017-corpus-3どこから撮っても絵になる場所。
階段の上からの眺めも美しいです。2017-corpus-2続いて、Museo Frederic Marès2017-corpus-5実は私のお気に入りの美術館なのですが、この噴水も美しいです。2017-corpus-42017-corpus-6こちらは、Casa de l’Ardiaca2017-corpus-7ここでも、階段を上がって見下ろす事が出来ます。2017-corpus-9浮かぶ卵は上からの方が見やすいですね。2017-corpus-8そして、Claustro de la Catedral、カテドラル回廊です。2017-corpus-12遠くから見た様子。2017-corpus-11次に至近距離で。
2017-corpus-10

2017年の踊る卵の様子は、次回へ続きます。
お楽しみに。

*「踊る卵」は、只今展示中。
場所や時間はコチラにまとめています↓
卵が浮かんで踊るだと?バルセロナの聖体祭@6月15~18日

【ランキングに参加しています】
 にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


サン・フアン前夜祭!短い夜を燃え尽くせ@6月23~24日

canigo-flame

スペインは既に暑いですが、暦の上で「夏」が始まるのは、日照時間が一年で一番長い夏至の日です。そして、夏到来のお祭りといえば、6月24日のサン・フアン(洗礼者ヨハネ)の日。(カタルーニャ州では祝日です)。

前夜祭23日の日が沈む頃から、花火や爆竹、焚火など「火」にまつわる催事で、短い夜をいつまでも祝う夏の大イベントです。学校の夏休みが始まったばかりの子供達もこの日は特別、夜遅くまで爆竹に興じます。

カタルーニャでは、ピレネー山脈のカニグー山の山頂から松明が灯される伝統のトーチリレーが始まって今年で50年!バルセロナにもサン・フアン前夜祭にこの聖火が到着し、サンジャウマ広場で記念イベントが催されます。

その後、サン・フアンの聖火はバルセロナ市内の地区へ分配され、各地域の前夜祭を盛り上げます。

【バルセロナのサン・フアン前夜祭】
6月23日(金)@サンジャウマ広場

17:00 人間の塔、サルダーナスなど。
18:20 歓迎の挨拶。
18:30 市庁舎から聖火登場。
18:45 メッセージ。
19:00-19:30 各地区への聖火の分配。

プログラム詳細はコチラ⇒Sant Joan 2017

特にバルセロネータ(海岸)の人出は凄いです。盛り上がりたい方はどうぞ♪ また、「サンフアンのコカ」と呼ばれる菓子パンや松の実のパイを食べて家でまったり過ごすのも有りですよ。
coca san juan-2 coca 2011-1

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link