「プリマベラ・サウンド」無料コンサート@6月4日迄

2017-primavera sound年に一度のロック・フェスティバル”プリマベラ・サウンド”が帰ってきます。

今年は開催の5ヶ月ほど前にフリーパスチケットが完売になるなど、バルセロナで入場券売り上げナンバーワンを誇るイベントですが、開催日(5月31日~6月4日)を目前にして、チケットは一日券も含めて全て完売した模様(ぇ)。

しかし、諦めるのはまだ早い!なんと無料コンサートも用意されているのです。

まず、本イベント開始前の毎週木曜日に、地域を変えて催されるPrimavera Sound Barris(ローカル・プリマベラ・サウンド)。さらに、6月2~4日にはPrimavera al Raval(ラバル地区のプリマベラ・サウンド)が昨年に続き再登場します。

2017-primavera sound-barris【無料コンサートの日時・場所】
5月18日(木)19:30
@Centro Cívico Baró de Viver

【アーティスト】
- Bolger
– Neleonard
– No Crafts

5月25日(木)19:30
@Espacio Cultural Fuente de la Mina. Sant Adrià del Besòs

- Elmina
– Dirtyporko & Crie930

6月2日(金)@CCCB
【開始時刻とアーティスト】
12:40 h Polseguera
13:20 h About Leaving
14:00 h Conttra
14:40 h Máquina Total
15:20 h Nikki Lane
16.00 h Alexandra Savior
16:40 h Julia Jacklin
17:20 h Nots

6月3日(土)@CCCB
12:40 h Sorry Kate
13:20 h SALFVMAN
14:00 h Wheels
14:40 h Slim Cessna s Auto Club
15:20 h Playback Maracas
16.00 h Her Little Donkey
16:40 h Priests
17:20 h William Tyler

6月4日(日)@CCCB
13.30 h Alien Tango
14:00 h Maresme
14.30 h Barbott
15:00 Waterparties
15.30 h Murdoc
16.00 h Ocellot
16.30 h Muñeco
17:00 h Lvl Up
17:40 h Mannequin Pussy
18:20 h Mystery Lights
19.00 h Julie Doiron
19:40 h Make-Up
21:00 h !!! (Chk Chk Chk)

Centre de Cultura Contemporània de Barcelona (CCCB)

ここでご紹介したイベントは、入場無料で予約の必要も無し!
インディーズ系の幅広いタイプの音楽が楽しめます。
時間とエネルギーのある方は行ってみて下さいね。

ローカル・プリマベラ・サウンド詳細⇒Primavera Sound Barris
ラバル地区のプリマベラ・サウンド詳細⇒Primavera al Raval

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


新年のカリヨン・コンサート@1月1日

imagen carillon1月1日の正午、サンジャウマ広場の
カタルーニャ州政府庁舎内パティオで、
カリヨンの無料コンサートがあります。

演奏されるのはモーツァルトの楽曲で、
「トルコ行進曲」「魔笛」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」など。

席には限りがあるので入場は難しいかもしれませんが、
ゴシック地区に流れる鐘の音、カリヨンの奏でる美しいメロディに
耳を傾けてみては?

サンジャウマ広場で1月8日迄展示中の、ベレン人形もお見逃しなく。2016-san-jaume-dia-1【日時・場所】
1月1日 12:00~
場所はPalau de la generalitat@Pl. Sant Jaume

広場周辺でも、カリヨンの音色が楽しめます。
天気が良ければゴシック地区を散歩するのも良いですね。

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


ランブラスでクリスマスキャロルを@12月16日

2016-iluminacion-rambla-2

12月16日、ランブラス通りで
クリスマスキャロルの野外コンサートが楽しめます。
音楽鑑賞の後は、温かいチョコラテも振舞われますよ。

クリスマスキャロル(スペイン語ではVillancico)とは、
イエス・キリスト誕生にまつわる民謡的な宗教歌。
クリスマスが近づくと、キリスト教文化圏では、
このクリスマスキャロルを歌って救世主イエスの誕生を祝います。

宗教とは無縁という方も、
買い物帰りに立ち止まって聴いてみては如何でしょう。2016-iluminacion-rambla-3

【コンサートの日時・場所】
12月16日(金)18:30~19:45
(19:30~20:30にチョコラテが振舞われます)

場所はPalau de la Virreina前(C/Rambla 99)

今回ご紹介した画像は
ランブラス通りのクリスマス・イルミネーション。
2016-iluminacion-rambla-1
シンプルながら、鳥が飛び立つ動きもあってキレイなのですが、
写真で見ると地味ですね・・・(汗)

こちらは、同じくランブラスのリセウ劇場です。2016-iluminacion-rambla-4

【ランキングに参加しています】

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link