バルセロナの下町映画「Tapas」

Pocket

バルセロナの下町のバルを舞台に、
お節介で口は悪いが温かい人間模様が織り成すコメディ・ドラマ。

【あらすじ(ザックリ)】
重病の夫の医療費捻出のために、ドラッグを売るお婆ちゃん。
旦那と別れた惣菜屋の女主人は、
噂話のネタにされるのにウンザリしながら陰ではネット恋愛中。
惣菜屋の女と思いがけず接近してしまうスーパー店員の若者。
バルの厨房を切り盛りしていた妻に愛想を尽かされ
1人残された主人は料理人を募集するが、
やって来たのは中国人シェフだった・・。

バルには、それぞれの事情を抱えた人々が集まり、関わり、タパスをつまむ。

その辺に居そうな等身大の登場人物達のドラマに引き込まれる事必至。
お洒落な観光スポットは登場しないが、バルセロナの生活臭が漂う・・
・・じゃなかった、普段着の下町の魅力が溢れている。

【映画「tapas」について】
ゴヤ賞の新人監督賞、助演女優賞受賞を始め、国内外で評価された2005年の作品。

監督のホセ・コルバチョとフアン・クルスは幼馴染で、2人が共に育ったバルセロナ県のHospitaletオスピタレ市(バルセロナ市に隣接した町)を舞台に脚本も手掛けている。
corbacho監督の1人、ホセ・コルバチョは「Homo Zapping」(2003~2007)というパロディ番組に出演して有名になったので、その頃スペインに住んでいた方はこの顔に見覚えがあるのでは?

また、まさかのドラッグ売人を演じるマリア・ガリアノは、
スペインの国民的長寿ドラマ「Cuéntame cómo pasó(=何があったのか聞かせて)」で、主人公一家のお婆ちゃんを演じている名女優。cuentame【お薦めの一言】
切ないドラマのモチーフも、ユーモアで優しく包まれ、気持ちよく鑑賞できる映画です。

日本では特別上映された事があるけれど一般公開はされていないらしいですね。日本語字幕版DVDがあるかどうかも不明ですが、全編標準スペイン語なのでスペイン語学習中の方にもお薦めします。

私個人的には一押しのバルセロナ映画です。
しかし、スペインにも「人情」ってあるのね、寅さん(古)。

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>