カスタニャダ=栗のフィエスタ

PENTAX Imageこの季節、バルセロナの街を歩いていて、
秋だなぁ・・と感じるのが栗(カスターニャ)の屋台。

ふと目を走らせると、焼き栗の隣には郷愁の(?)焼き芋もあり親近感、
ホッと和むスペイン秋の風物詩。PENTAX Imageみんなで集まって焼き栗を食べようね、という習慣が
カスタニャダ(栗のフィエスタ)
スペイン北部を中心とする伝統行事だ。

【焼き栗でフィエスタ】
元々は栗の収穫時に農民が集って収穫を祝うフィエスタだったようで、
栗の産地それぞれで地方行事として発展、
現在も諸聖人の日(11月1日)前後の伝統行事として定着している。

ある年、ハロウィン(10月31日)の夜に屋台で焼き栗を買って帰ろうと思ったら、
老若男女で長蛇の列だった・・という記憶があるけれど、
スペインでのハロウィンは比較的新しい外来文化なので、
年配者には栗のフィエスタの方が浸透している。
ハロウィンの仮装もカーニバルの仮装に比べると注目度は低めのようだ。

カタルーニャ地方では、この日の前後に
焼き栗、焼き芋、そしてこの時季の一口菓子、パナジェッツを食べる習慣がある。
(お菓子の話はまた後日・・)
castaña-13-3castaña-13-4
【スペインの焼き栗】
栗が弾けないように、一つ一つに切り込みを入れてストーブで焼く。
シンプルでほんのり甘い熱々の焼き栗は、肌寒い日のおやつにピッタリだ。

切り込みが入っているせいか、栗が熱いうちは意外と皮も剥きやすい。
ククルッチョと呼ばれる円錐型の紙袋に12個放り込んでくれて、
値段は3ユーロ位だったかな?

甘栗とは別物だけど、
機会があったら栗その物の美味しさを味わってみてほしい。

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


ハロウィンと諸聖人の日

PENTAX Image10月の最後の日は、皆様ご存知の「ハロウィン」ですが、
その翌日11月1日、カトリック国のスペインでは「諸聖人の日」という祝日で、
お墓参りなどして先祖の霊を弔うのが伝統行事です。

日本語じゃピンと来ないけど、英語にしてみると・・

諸聖人の日=オール・ハロウズ(All Hallows)
諸聖人の日の前日=ハロウ・イブ(Hallow Eve)⇒訛って⇒ハロウィン(Halloween)

というわけで、日にちが近いだけじゃない、切っても切れない関係の
2つの霊の記念日(?)について調べてみました。

Sponsored Link


【諸聖人の日ってナニ?】
キリスト教会では古くから殉職者の命日を祝っていましたが、
3世紀から始まったキリスト教徒迫害で殉職者も増大・・・
それぞれ別個にお祝いするのが困難に。

そこで年に一度、記念日を決めて、
全ての聖人・殉職者のお祝いをする事になりました。
最初は春~初夏に祝っていましたが、
8世紀の教皇グレゴリオ3世により現在の11月1日=諸聖人の日に制定されました。halloween-5【ハロウィンの起源】
古代ケルト人にとって、10月31日は大晦日。
この日は夏の終わりの収穫祭、祖先の霊が訪ねて来る日でもある。
ついでにやって来る魔女などの厄介な霊から身を守るべく
かがり火を焚き、作物や動物を捧げていたようだ。
このハロウィン文化はイギリス帝国発のようで
英国の植民地などプロテスタントの英語圏から世界に広まっている。
近頃はカトリック国スペインでも知名度は上がって来たけれど・・・。

【まとめ】
歴史的には、ケルト人のお祭り=ハロウィンの起源の方が古いけど、
(カトリックがハロウィンに日にちを合わせたという話もあるけれど)
その名前は諸聖人の日(オール・ハロウズ)から派生しているという事になる。
ちなみに、ケルト文化の残るアイルランドは
カトリック国(北アイルランドを除く)だけど、ハロウィンも大々的に祝う。

諸聖人の日の話、多分、次回へ続く・・・。

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link


グルメなメルカド市開催@10/23~25

mercat de mercats-7今週末、バルセロナのカテドラル広場で
Mercat de Mercats(=メルカドの市)という食イベントが開催されます。
有名レストラン競演のタパス、市内の各市場やカタルーニャの地方特産品、
ワインなどなど・・バラエティに富んだ出店内容で、
見たり食べたり学んだりできるグルメの祭典です。mercat de mercats-1【Mercat de Mercats】
この食イベントは今年で第6回目。
特にチケット制のタパスが人気ですが、
他にも有名シェフのガストロノミー教室や、
市場店主による食品のプロモーション、
それに今年の招待国ペルー料理にもスポットを当てたイベントがあるそうです。mercat de mercats-8【イベント情報まとめ】
10月23~25日の開催、会場はカテドラル広場です。
【開催時刻】

 23日(金) 12:00~21:30 
 24日(土) 11:00~23:30
 25日(日) 11:00~21:00 

タパスとドリンクのみチケット制。(タパス一皿4ユーロ、4皿で14ユーロなど)
その他の出店では直接商品を購入出来るようです。
詳細はコチラ⇒Mercat de Mercatsmercat de mercats-11【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

Sponsored Link